研究科

 

 

 

今までは、講師から新曲や発声法や奏法等の技術を受け取る側であったけれども、自ら積極的に発信する側にもなろうとする方に開かれたクラスです。

自分自身の身体を使って理解した貴重な演奏体験を、さらに一歩深めてみようとする方に最適です。

 

未だ学術的に整理されておらず、全体像やディテールに未知の部分が残るチベット伝統音楽の核心に少しでも迫りたいという情熱があり、調査、研究、古民謡収集、またイベント企画、プロジェクト企画等の行動を実践している方、是非お互いに研鑽を積んで行きましょう。

このクラスでは、皆さんの気づいた新鮮な切り口からの意見を題材に、講師陣も共に考え、意見を交換します。

 

 

民族音楽継承について考えたり、民謡の位置づけとは何かを考えたり、他の民族音楽と比較してみたり、ディープエコロジー的発想を取り入れてみたり、先住民族の智慧のひとつとして音楽を捉えたり・・・と、いろいろな側面でチベット伝統音楽の理解を深めていくことも、このクラスの目的のひとつです。

 

 

大いに参考になると思われる分野があれば、客員講師をお迎えして新たな視点を増やしていくという展開も考えましょう。

どうぞ手を挙げて提案をしてください。

 

また、留学を考えている方、ご自身の演奏活動を目指す方、あるいはすでに活動されている方にも役立ちます。

 

 

スケジュール、授業料等は他のクラスとは別枠となっておりますので、Contact より個別にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

Tashi Shorpa  : photo by Reelha (c)
Tashi Shorpa : photo by Reelha (c)