レギュラークラス

 

 

 

レギュラークラスには下記の通り、Dramnyeng 初級クラス、弾き語りクラス、Korshe クラスの3つがあります。

 

基本的に毎月1回、第3日曜日(連休の場合は翌週)に開催されます。

各クラス共、グループレッスンです。

講師は Tenzin Kunsang を中心に行い、他のインスラクターが個別のフォローにあたります。

 

 

 

 

Tibetan Queen : photo by Reelha (c)
Tibetan Queen : photo by Reelha (c)

 

 

 

【 Dramnyeng 初級クラス 】   1:15 〜 2:45

 

このクラスは Dramnyeng の奏法の習得を目的とし、また、高い技術を特訓するというより、ゆったりとした進度でシンプルな曲を完成させ、チベット伝統音楽の楽しさを味わうことを最優先にしたクラスです。

弾き語りクラスに進級するための準備クラスでもあります。

 

  • チベット伝統音楽は初めて
  • 趣味で学んでいきたい
  • 音楽はあまり得意ではないけれどチベット伝統音楽は大好き
  • チベット好きだからどんな音楽なのか自分の体で体験したい
  • 進級するために、まずは基礎固めをしたい

 

というような方は、このクラスで学ぶことをお薦めします。

 

本コースに入る前にまずは入門レッスンを受講していただき、継続受講されている他の生徒さんに合流するために必要な基礎的なことを学んでいただきます。

 

 KAKATROTRO からダムニェンを入手される方は、入学時より

  お手元に届く迄の期間に限り無料レンタル致します。

  レンタルできるダムニェンの数には限りがありますのでご了承下

  さい。

    購入に関しては、Contactよりお問い合わせ下さい。

 

 

 

【 弾き語りクラス 】   3:00 〜 4:30

 

Dramnyeng 初級クラスで半年以上学んだ方、あるいはDramnyeng の演奏がある程度できる方のためのクラスで、シェ、ダムニェン、そしてチベット語を扱い、弾き語りを学びます。

 

テンポの早い曲や、特別なテクニックが必要な地方の曲など、ダムニェン初級クラスより難易度の高い曲に挑戦することと、総合的な学びの方向に進んでいくことを目指しています。

 

チベット語の読み書きの簡単な勉強を通して、最終的にはチベット語の歌詞を見て発音し、書き写せるようになっていただきます。

音楽とは、その音楽が生まれ育った土地の言語のリズム等に深く影響されています。

チベット語をある程度理解するということは、どの語の一音節を伸ばして歌っているのか、逆に一音に多くの音節を入れ込んで歌っているのか等がくっきりと見えてきて、チベット伝統音楽のノリが浮かび上がってきます。

それ以外にも韻を踏む楽しさや、相方の歌詞を受けて歌う歌垣の楽しさなども実感を伴ってわかってきます。

 

 

 

【 Korshe クラス 】   4:45 〜 5:45

 

輪になって踊るチベットのサークル・ダンス「コルシェ」を、部分に分割して少しずつ積み重ねて学びます。

頭で考えずに、身体に染み込ませていけば、小学校で学んだフォークダンスや盆踊りが出来る方なら踊ることができます。

チベット人が集えば、歌が始まり、かけ声が聞こえたと思ったら・・・

コルシェが始まる。

そんな輪の中に入った感覚は格別です。

是非、チベット人のあの感覚を体感してみてください。

 

*足が冷える方は、靴底が淡色であまり固くない履物をご用意下さい。

   ex) ヒールなしダンスシューズ、上履き、部屋履き、厚手の靴下

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tibetan Black Boots:photo by Reelha(c)
Tibetan Black Boots:photo by Reelha(c)

 

 

 

チベット音楽文化においては、西洋音楽の世界と異なり、一人の演奏者が複数の楽器を演奏することができたりダンスも踊れたりするのは普通のことです。

 

 

皆さんも、ある科目の技術のポイントが実際に表現できてくれば、チベットのスウィング感、ドライブ感が体の奥まで響き始めるでしょう。

しかし、さらに総合的に学び始めることで複数科目の相互作用により、チベット伝統音楽を立体的に把握することができるようになり、タイミングのとり方や強弱の機微などが次第に感覚的に理解できるようになります。

ひとつの曲の全体像を、様々な角度から身体でつかみとれれば、違和感のあった拍の取り方や小節の長さなどを自然に受けとめられるようになります。

すると、無用なミスも徐々に減っていくだけでなく、曲そのものを堪能できるようになっていくはずです。

チベット伝統音楽の醍醐味を味わう入り口に立つために、是非、歌と楽器と舞踊の全てを習得してみて下さい。

 

そうなった時、チベット音楽文化の地平線が姿を現すでしょう。